櫻井孝宏 梶裕貴の男子会 VS 潘めぐみ 上田麗奈 大西沙織の女子会

      2016/04/08

櫻井孝宏の(初笑) 櫻井孝宏 梶裕貴 潘めぐみ 上田麗奈 大西沙織001317

櫻井孝宏の(初笑)!2016 女子会VS男子会スペシャル

2016年1月2日(土) 57分
ST-Xで配信 公式サイト
(月額1,080円の有料会員限定)

【出演】
櫻井孝宏

梶裕貴

潘めぐみ

上田麗奈

大西沙織

 

【概要】
今年で4回目になった『櫻井孝宏の(笑)』の新春スペシャルバージョン『櫻井孝宏の(初笑)!2016 女子会VS男子会スペシャル』
櫻井孝宏と梶裕貴の男子会 VS 潘めぐみと上田麗奈と大西沙織の女子会、より盛り上がるのはどちらだ?
男子会では放送ギリギリのクエスチョンに真っ向からぶつかり、女子会では推理ゲームで対決。

 

【見所】
新春恒例となった『櫻井孝宏の(笑)』の特別番組。

今回も豪華ゲストが多数駆けつけた。

男子会には梶裕貴が、女子会には潘めぐみと上田麗奈と大西沙織が出演。

 

櫻井孝宏の年始を祝う挨拶から番組はスタート。

新春スペシャルということで、放送時間も1時間に拡大されているようだ。

まずは女子会から、潘めぐみ 上田麗奈 大西沙織がかなりのテンションで自己紹介。

櫻井「大西さんだけ無理してませんか? 大丈夫ですか?」
大西「無理してます」

アー写は服装からして番組オリジナルのものだろう。

 

早速、『検証!噂の女子会あるある』のコーナーからスタート。

スタッフが事前にリサーチした”女子会で行われていること”を検証していくコーナーだ。

 

3位『男の人の目を気にせず、食べたいものを食べる」

潘「(普段は男の人の目を)気にしますか?」
上田「ううん。気にしなーい」
大西「気にしなーい」
櫻井「終了でーす」

 

2位『デートの時よりファッションに気を遣う』

潘「気にしますかい?」
上田「(首を横に振る)」
櫻井「スタッフ!リサーチちゃんとして!」
大西「むしろわたしは、スッピンで行ったりとか。中身で勝負ですよ!服とかいいんですよ」
櫻井「ファッションとかじゃねえ、と。見栄えじゃねえ、と」

3位も2位も出演者たちは全然ピンと来ていなかった。

 

1位『欠席した人の悪口を言う』

上田「言わない」
大西「言わない」
潘「言わない。絶対言わない。そもそも悪口を言うような人を女子会に呼ぶんですか?」
櫻井「だって女子会って、そういう感じなんやろ?」
大西「怖い。お家から出られない」

3人とも、フリップで紹介したあるあるネタにまるで共感していなかった。

櫻井「でもさ、愚痴とかたまるでしょう?」
上田「たまります」
大西「割とオカンに言うかもしれない。私は実家なんで」
櫻井「えっと、お酒飲みますか?」
大西「飲めないです」
潘「飲みます。嗜む程度に」
上田「わたしは、ストレス溜まって、普段飲まないんですけど、人に相談出来ないから一人でお酒飲んで、物理的にも精神的にも吐くまで飲みます」
大西「えーっ」
潘「大丈夫? むしろ女子会しよう。話きくよ!」

上田は愚痴をこぼさないイメージがあったが、そのストレス解消方法は驚きだった。

 

女子会は一旦休憩となり、男子会の番になった。

ここで梶裕貴が登場。

「多くの話題作に出演し、人気実力ともにナンバー1声優です」というナレーションで紹介されていた。

番組出演の視聴者リクエストも多かったようだ

 

男子会では『ギリギリクエスチョン 5○ 2×』というコーナーを進めていった。

7つのギリギリな質問に対して2回だけ黙秘権が使えるが、5つは必ず答えなければならない、というものだ。

 

1つ目『最近買った一番高価なモノは?』

櫻井の回答は「レコード」

梶「うわ!櫻井さんっぽい」
櫻井「オシャンティだろう?」
梶「レコードって盤ですか?」
櫻井「盤、盤」
梶「じゃあ、家にプレーヤーも?」
櫻井「あるある、プレーヤーあるよ。レコードだらけよ」
梶「高いんですか?」
櫻井「高いやつはもう本当に高いんだよ。ビートルズとかが有名」
梶「高そう!」
櫻井「ビートルズさんとか、本当に高いやつは100万超えます。まあ、数が少ないから」
梶「具体的に言うと、(購入したレコードの)お値段って?」
櫻井「12万円です」
梶「おお~」
櫻井「1枚12万です。高い!ふざけんな!」
梶「自分で買ったんですよね?」
櫻井「内容良かった!」
梶「じゃ、じゃあよかった」
櫻井「ありがとう!」

 

梶の回答は「3、4年前に買った車」

櫻井「まーくる」
梶「初めて聞きましたけど、その業界用語。でも、あんま乗ってないんですよ」
櫻井「くれよ、じゃあ」
梶「自分で買ってください」
櫻井「くれるなら欲しい」
梶「でも、大きい買い物って言ったらこれしかよぎらないくらい買わないんです」
櫻井「例えば、俺みたいに集めてるものとか?」
梶「ないんですよ」
櫻井「結果としては、貯めこんでます」
梶「まあまあまあ、そりゃ貯めます」
櫻井「そうだよね。何があるか分からないからね」
梶「水商売ですから」
櫻井「役者さんというのはね」
梶「いつお仕事がなくなるか分かんないんで」
櫻井「そうですよ。みなさん、声優さんは結構大変です!」
梶「頑張ってます」

櫻井・梶のクラスでも先々に不安を感じているというのは意外だ。

 

2つ目『女性から言われると嬉しい言葉は?』

櫻井の回答「すご~い」

梶「すげえ、やらしかったんですけど。それって別に、男性から言われても嬉しいんじゃ?」
櫻井「いや、全然!全然思わない!うっせえって言っちゃう。でも、ありがとうな」
梶「デジモンとか観てたのになあ」
櫻井「お前、いいやつだな」

 

梶の回答「おつかれさま」

梶「仕事終わって、メイクさんとかに肩をもんでもらいつつ言われると、頑張ったなって思いません?」
櫻井「俺の次だからかもしれないけど、好感度が半端ねえ」

 

3つ目『この場を借りてお互いに言いたいことは?』

梶の回答「ありがとうございます!!」

梶「オーディションにも落ちまくったりしてる中で、櫻井さんと同じ現場になった時に、非常によくしていただいて、実際にお家に遊びに行かせていただいて、お金なくて衣装とかにも困ってたので、着なくなった服とかいただいたり、ご飯を御馳走になったり、色々御恩があるんですけど。その時に、本当にもう辛くて不安で相談をさせていただいたりしたんですけど、『いや、お前は大丈夫だから』って言って下さったんです。シンプルな言葉だったんですけど、それを励みにやって来たところがあるんです。『ありがとうございます』と常に思ってます」

この出来事は櫻井も覚えていたようで、照れて鼻をほじったりしていた。

ちなみに、櫻井からもらった服はまだ大事にクローゼットの中に仕舞ってあるようだ。

 

櫻井の回答「天才だね」

櫻井「初めて会った時からこう思ってました」
梶「待って下さい。そう言っちゃうと、俺のエピソード含めて胡散臭くなって嫌なんですけど」

櫻井は、声優はお芝居が出来てなんぼで、梶を20年、30年に一人の逸材だと思っているようだ。

 

4つ目『2015年に一番腹が立った出来事は?』

梶の回答「飛行機がとばなかった!」

遅延が続いたため調整で間引いた便にたまたま当たってしまい、足止めを食らったエピソードを明かした。

 

櫻井の回答「傘をパクられた」

櫻井「さっきファミマで買った傘が、次のセブンでパクられたんですよ。そのセブンでまた買ったからね!」

 

ここで男子会は一旦休憩となり、女子会に戻り『推理ゲーム!事件を暴け!』のコーナーに移った。

それぞれのリアクションから、どんな事件が起きたのかを推察するゲームだ。

 

最初の回答者は大西。

上田のリアクション「ついていく。書きとめる。写真をとる」

潘のリアクション「自分の中に秘めておく。一瞬驚くと思うけど……」

櫻井のリアクション「スルー!」

3種のリアクションから大西が導き出した答えは「すごい人懐っこいワンコが、ものすごい二足歩行で前を通り過ぎて向こうに行った」

が、不正解。

正解は「恋人が知らない異性と二人で歩いていた」だった。

 

続いての回答者は藩。

上田のリアクション「ついていく。巣を見つける」

大西のリアクション「わしづかむ!!」

櫻井のリアクション「びっくりして捕まえようと思うんだけど、でも人間に捕われて自由を奪われるなんて、って思ってスルー」

潘が導き出した答えは「そこにクワガタムシがいた!」

惜しくも不正解。

正解は「幻のツチノコを発見!」だった。

 

続いての回答者は上田。

潘のリアクション「探偵事務所に転がり込む」

櫻井のリアクション「蝶ネクタイをつける」

大西ののリアクション「はかせのむなぐらをわしづかむ」

上田が導き出した答えは「コナンになる」

見事、正解!

より正確に言うと「突然見た目は子ども、頭脳は大人になる」だった。

 

女子会の最後に、それぞれ2016年の抱負を発表することになった。

潘の抱負「みなさんに会いに行く!」

上田の抱負「懐の広い人になる」

櫻井「今でもすっげえ広いのに」
上田「一緒に隣に座っていても、嫌じゃないなって思ってもらえるような。そういう人になれたらいいんじゃないかなって」
潘「嫌じゃないよ」
櫻井「嫌じゃないよ。イオンモールぐらい広いから。広いし、楽しいし」
潘「例えが素晴らしい」
上田「人間力を磨いていかなければと思っております」

 

大西の抱負「寝ない!」

2015年はオフの日でもどこにも行かず、寝て過ごして人生を無駄にしてしまったので、2016年はアクティブに登山や田植えをしたいと語った。

 

再び男子会へと戻り、ギリギリなクエスチョンに答えていった。

5つ目『これまでで一番苦労した仕事は何?』

櫻井の回答「若い頃のリポーダーのお仕事」

 

梶の回答「某バラエティ番組で死にかけた」

10年くらい前に森久保祥太郎・寺島拓篤と一緒にやったバラエティ番組で、ウィンドサーフィンを体験した時にどんどん沖に流された思い出を明かした。

 

6つ目『ライバルだと思っている人は誰?』

櫻井の回答「アレックスラミレス」

梶の回答「本田圭佑」

偶然、それぞれ同じ世代のスポーツ選手をあげた。

同世代の人が活躍していると励みになるそうだ。

 

7つ目『恋人に求める絶対条件は何?』

櫻井の回答「×」

櫻井は黙秘権を行使。

梶「テレビの前のみなさん!これ、面白くないよね!」

と、梶が視聴者の気持ちを代弁してくれたことで、櫻井は書き直すことになった。

 

梶の回答「ツボ」

一方、梶の回答はツボだった。

自分が楽しいと思うことを、一緒に楽しく感じてくれる人がいいようだ。

 

書き直した櫻井の回答「味覚が合う人」

味覚や価値観が同じ人、という梶と似た答になった。

櫻井「おっぱいかどっちかにしようかと思った」

全ての質問が終わったが、梶の×が一度も使われてないのは勿体ないということで、櫻井が追加の質問を急遽用意することになった。

 

8つ目『いま殴りたいヤツは誰?』

梶の回答「×」

梶「殴りたい人なんていません。殴っても解決しません」

 

櫻井の回答「※※※」

櫻井「(ピー)」
梶「何で殴りたいんですか?」
櫻井「大っ嫌いだから(笑)」
ナレーション「これ以上は放送を自粛させていただきます」

最高に気になる終わり方だった。

一体、誰の名前を書いたのだろう。

 

最後に、梶に2016年の抱負をきいた。

梶「趣味を見つける。体を動かす。健康診断を受ける」
櫻井「それくらいね、そういうのが目標になるくらい梶君は忙しいから。求められてるから、世界に!」
梶「世界に!? 規模でかい!」

以上で番組は終了。

 

【総評】
★★★★☆
女子会は可愛く、男子会はとにかく笑えた。
上田のストレス解消法には本当に驚いた。
櫻井孝宏の(笑)は今年で10年目に突入。
櫻井の飄々としたトークと気遣いで、まだまだ続く息の長い番組になりそうだ。
ただ、最後のお題『いま殴りたいヤツは誰?』は編集でカットしても良かった気がする。
梶との絡みでいい話がたくさん聞けた後だったので、あそこだけ浮いているように感じた。
 
 

スポンサーリンク

 

 - TV , , , , ,