「アニメマシテ (伊藤かな恵x小見川千明)」長谷川芳明と大久保瑠美が春新番アニメ「ハンドレッド」の見どころを紹介

      2016/04/08

アニメマシテ #95.m2ts_000674718

アニメマシテ【伊藤かな恵x小見川千明】#95

2016年3月29日(火) 3:20~3:50 (30分)
TV東京で放送 公式ページ
(番組放送後、公式ページ等で1週間限定の無料配信あり)
(クロスインタビューの未公開映像もあり)

 

【出演】
伊藤かな恵
アニメマシテ #95.m2ts_000089028

小見川千明
アニメマシテ #95.m2ts_000091596

長谷川芳明
アニメマシテ #95.m2ts_000314339

大久保瑠美
アニメマシテ #95.m2ts_000323071

Pile
アニメマシテ #95.m2ts_001173588

 

【概要】
TV東京で放送中のアニメ系情報バラエティ番組「アニメマシテ」
第95回のMCは、伊藤かな恵と小見川千明。
スタジオゲストは春新番のアニメ「ハンドレッド」から長谷川芳明と大久保瑠美。
さらに、2ndアルバム「PILE」を発売したばかりのPileが制作秘話を明かす。

 

【見所】
前回は「聖戦ケルベロス 竜刻のファタリテ」から、オープニングテーマを歌う内田真礼が作品の魅力や見所を語った「アニメマシテ」

今回も伊藤かな恵と小見川千明がMCを務める。

 

いつもの真っ白なスタジオで番組スタート。
アニメマシテ #95.m2ts_000100363 アニメマシテ #95.m2ts_000105180

 

タイトルコール「アニメマシテ」
アニメマシテ #95.m2ts_000123720

 

「オープニングトーク」

小見川「年齢も上がって、大人の役が出来るようになりたいと思ってるだけなんですけど、大人になった時に大人の役ってきました?」

アニメマシテ #95.m2ts_000195253

伊藤「あー、プリティーリズムって作品から、めが姉ぇっていうみんなのお姉さんというキャラクターを長くやらせて貰ってるんだけど、自分もまだまだ年齢的にも新人だったから、お姉さんっていう立場が難しかった」

アニメマシテ #95.m2ts_000205719

伊藤「でも、段々自分の年齢が上がってきて、プリパラって作品ではメインの女の子たちも新人の子やアフレコ初めての子が多かったから自然とお姉さんになって、そこからはスッとアフレコ現場に入れるようになったかな」

アニメマシテ #95 伊藤かな恵 かわいい

小見川「最新の映画も?」
伊藤「そう! 映画やってまーす。めが姉ぇ、凄い頑張ってまーす」
小見川「是非、見て下さい」

アニメマシテ #95.m2ts_000236905

 

 

スタジオゲスト1組目は、アニメ「ハンドレッド」から長谷川芳明と大久保瑠美。
アニメマシテ #95.m2ts_000311797

長谷川「如月ハヤト役、長谷川芳明です。よろしくお願いします」
大久保「エミール・クロスフォード役、大久保瑠美です。よろしくお願いします」
小見川「(長谷川は)緊張をされてるそうですが?」
長谷川「はい、いま真っ白です。これ(背景)くらい真っ白です」

アニメマシテ #95.m2ts_000331959

伊藤「(服は)黒ですよ」
長谷川「映えようと思ったんですけど、消えたいです」
伊藤「まだ始まったばっかりなんで(笑)」

 

「ハンドレッドの世界観」

長谷川「隕石と一緒に南極大陸に飛来したサベージという異種生命体が地球で暴れ回ってまして、それに人類が対抗するためにハンドレッドという武器を使って戦うんですね」

アニメマシテ #95.m2ts_000356444

長谷川「それを養成するリトルガーデンっていう学園がありまして、そこに主人公のハヤト君が入学するところから始まる物語ですね。それを一言でいうと?」
大久保「はい、学園バトルアクション恋愛ラブコメディです」

アニメマシテ #95.m2ts_000375021

小見川「全然一言じゃないんですけど!?」
長谷川「僕の説明よりも(大久保の方が)完璧でした」

アニメマシテ #95.m2ts_000379791

 

「如月ハヤト CV:長谷川芳明」

長谷川「ハンドレッドの反応数値が歴代一位の記録で、リトルガーデンという学園に鳴り物入りで入学するんです。妹思いの優しいやーつです」

アニメマシテ #95.m2ts_000392199

大久保「ハヤトの妹さんが病院にいるので、それもあって入学してくるんです」
長谷川「特待生として入学してくるんです。そうすると、妹の治療費も何とか出来るので」

 

「エミール・クロスフォード CV:大久保瑠美」

大久保「隠してるんですけど、実は女の子で、男装してリトルガーデンに入学してきたんです。一番の目的はハヤトに会うこと」

アニメマシテ #95.m2ts_000431420

小見川「なんで、なんで?」
大久保「好きだからです! 愛してるんです!」
長谷川「いやぁ!」

アニメマシテ #95.m2ts_000437170

伊藤「なんで、どういうこと!?」
大久保「アニメを見てもらえれば分かるんで」
伊藤「ちょっとヒントちょうだい!」
大久保「幼なじみ的な、子供の頃に出会った的な」
伊藤「でもなんで性別を隠してるの?」
大久保「実は色々と理由があるんですけど、それもおいおい明かされていくっていう」
伊藤「気になる」
小見川「ここまで言っておいてそれはない」
大久保「でも、視聴率を稼ぐためには仕方ないんです!」
伊藤「瑠美ちゃん、(口から本音が)出てる、出てる!(笑)」

アニメマシテ #95.m2ts_000464966

大久保と長谷川以外にも、M・A・O、吉岡茉佑、奥野香耶、羽多野渉、大坪由佳が出演するようだ。
アニメマシテ #95.m2ts_000467922

オープニングテーマを担当するグループの構成からも分かるように、81プロデュースに所属する声優の比率が高い。

 

「アフレコ現場の雰囲気」

大久保「女子がすっごく多かったので賑やかだったんですけど、長谷川さんが初の主役ということもあってすっごい緊張されていて、それを何とか緩和しようと思って、私とか大坪由佳ちゃんとかが面白いことを頑張ってしてました」
伊藤「例えば?」
大久保「長谷川さんを挟んでコントをしたり」
長谷川「たまに振ってくるんですよ」

アニメマシテ #95.m2ts_000503374

大久保「よくあるのが、私の左隣がM・A・Oちゃんで、右隣の長谷川さんを挟むようにして大坪由佳ちゃんがいるんですね。M・A・Oちゃんと仲良くしていると、『何でM・A・Oちゃんとばっかり仲良くするの、バカ!』って言って長谷川さんを叩くっていう」

アニメマシテ #95.m2ts_000516345

伊藤「えええええ、叩かれた長谷川さんは?」
長谷川「その時は緊張しているので『あ、ああ、痛い……』って。で、『乗ってこいや!』って怒られるっていう」
小見川「理不尽」

(ニコ生でも語られたエピソードだ。ちなみに、アフレコは全て終わっているとのこと)

大久保「いま思うと理不尽ですね」

アニメマシテ #95.m2ts_000534790

小見川「色んな意味で鍛えられる現場でしたね」
長谷川「でも、本当に気を遣ってたくさん話しかけて頂いて、エミール役が大久保さんで本当に良かったって改めて思います」
伊藤「あらー」
小見川「いい話」
大久保「やった」

 

「見どころ」

長谷川「あの……えー、バトルシーンです」
大久保「カンペ見せてもらってるじゃないですか(笑)」

アニメマシテ #95.m2ts_000563160

長谷川「(その2は)魅力的なキャラクターたちです」
大久保「美少女キャラクターがすごく多いので」
長谷川「キュンとするタイプが……」
伊藤「どの子がタイプなんですか?」
長谷川「どの子も好きです」

アニメマシテ #95.m2ts_000578562

伊藤「……隣見て、隣」
大久保「(煙草をふかす)どの子が一番好きなんですか?」

アニメマシテ #95.m2ts_000586389

長谷川「……エミールです」
大久保「はい、オッケーです!」

アニメマシテ #95.m2ts_000591967

 

「初座長」

長谷川「未熟な部分もあり緊張もありで現場でも全然喋れなくて、一番近かった大久保さんにはとても迷惑をかけたんじゃないかと思います」
小見川「瑠美ちゃんから見た長谷川さんは?」
大久保「1話の時は本当に、こういう(ロボットのように歩く)感じ。でも後半はすごく座長らしくというか、自分からコミュニケーションをとるようになってたかな。あと、真面目だなって凄く思います」
長谷川「そうです」
大久保「自分で言うんじゃないよ(笑) でもなんか、私たちが緊張を解そうとやっていることにも、『あ、どうしよう? どうするのが正解だったんだろう?』って真面目なのが見えるから、みんなに愛されてましたね。フリッツ役の羽多野渉さんとか凄く……」
長谷川「たくさんアドバイス頂きました。『こうやったらいいんじゃない?』ってサラっと言ってくれる感じが」

アニメマシテ #95.m2ts_000658826

小見川「格好いい!」
長谷川「そして優しいんですよ。本当に嬉しかったのが、お腹が鳴り始めた時にそっとパンをくれたんです」
小見川・大久保「優しい!」
長谷川「『食べてっ』って」
大久保「格好いい!」

アニメマシテ #95.m2ts_000674718

 

「自分にとっての武器」

長谷川「テレビアニメ『ハンドレッド』です」
小見川「……」
大久保「如月ハヤト役であることを誇りに思っているので、これこそが俺の武器であると」
小見川「なるほど!」
大久保「ってことは、わたしのハンドレッドは長谷川さんの読解力です(笑)」
伊藤「ちーちゃん何かある?」
小見川「かな恵さんにこうやって出来ること」

アニメマシテ #95.m2ts_000710785 アニメマシテ #95.m2ts_000712697

伊藤「私は嫌がってるんですよ」

アニメマシテ #95.m2ts_000713894 アニメマシテ #95.m2ts_000716809

長谷川「あ、嫌がってる?」
伊藤「凄い嫌がってるんです」
小見川「こうやって、色々出来るのが私のハンドレッ……」

アニメマシテ #95.m2ts_000722187

伊藤「あのう、しないでいただきたい!」

アニメマシテ #95.m2ts_000723684

小見川「えっ……。かな恵さんのハンドレッドは?」
伊藤「昔から、『この人みたいになりたい』とか『こうなりたい』とか自分の中で決めないようにしてて、自分に自信を持つっていうのが武器なのかな。今の私でいること」
小見川「これだよ」
大久保「格好いい」
小見川「私たち頑張ろう? 頑張ってちゃんと応えられるように」
伊藤「千明と一緒にしないであげて」

アニメマシテ #95.m2ts_000743612

 

「メッセージ」

長谷川「たくさんの魅力的なキャラクターと、格好いいバトルシーンと、笑いのある学園シーンと、とても魅力な作品になってると思います。是非、みなさんにご覧いただきたいです」

アニメマシテ #95.m2ts_000766468

 

ハンドレッドオープニングテーマ「D-selections(小林竜之・澁谷梓希・若井友希・青山吉能・吉岡茉佑) / BLOODRED」5月25日(水)発売予定。
アニメマシテ #95.m2ts_000783259

 

エンディングテーマはキャラクター同士でユニットを組み、複数用意されているようだ。
アニメマシテ #95.m2ts_000791386

 

 

恒例の「クロスインタビュー」では、伊藤から小見川にインタビュー形式で質問をしていった。
アニメマシテ #95.m2ts_000902841

「声優を目指したきっかけ」
オーディション

「オススメの映画」
お熱いのがお好き

「今ハマっているもの」
ウレロ☆未確認少女
ゴッドタン

「自分を一言で言うと」
うつけ者

「好きな言葉」
大切なのは幸福になることではないよ

「衝撃を受けた声優」
桑島法子

「声優になって良かったこと」
今の自分がいる

「恋におちたキャラクター」
天上ウテナ (少女革命ウテナ)

「将来なりたい声優」
細く長くいきたい

「伊藤かな恵からの質問 理想の休日の過ごし方」
3日欲しい
アニメマシテ #95.m2ts_000935917

 

いくつかの回答を詳しく掘り下げていった。

声優を目指したきっかけについて、

小見川「ヒラタオフィスに所属していまして、いわゆる声優事務所ではないんですよ。でも、私のデビュー作である『ソウルイーター』が色んなところから人を集めてみようってコンセプトでオーディションを行って、初めて『アニメのオーディションあるけど、小見川さん受けてみませんか?』って」
伊藤「へええー。初めて受けたオーディションに受かったってこと?」
小見川「その時の私は何か持ってた(笑) 私、ずっと舞台とかをやらせて貰ってたんですけど、物凄く売れないと声優さんに慣れないと思ってたんです」

アニメマシテ #95.m2ts_000978512

伊藤「舞台から声優を見た時に?」
小見川「そう。ですけど、高校の時に凄くアニメに詳しい友達がいて、その子が声優さんという職業をやってたの。それでリアリティのある仕事として認識出来た感じ」
伊藤「そう思ったくらいにオーディションの話がきたの?」
小見川「そうです」
伊藤「凄く運命を感じる」

アニメマシテ #95.m2ts_000991412

小見川「そうなんですかね。でもやっぱり、高校くらいになってくると声がこんなんだから、(舞台だと)大人になっていく見た目と声との折り合いがつかなくなってくるんです。ちょっと印象が違う、みたいに思われることが多くてオーディションで落ちるんですよ」
伊藤「あー」
小見川「で、声を舞台用に作っていって、そこから今のキャラクターの声になってるんです」
伊藤「低めにするとか?」
小見川「そうなんです。元々低い声は舞台でお芝居する用の声だったんです」
伊藤「この声(普段の小見川の声)でオーディションにいくことはあるの?」
小見川「あるけど、低い声の方が勝率は高いです」
伊藤「なるほど~」

 

衝撃を受けた声優について、

小見川「いわゆる声優さんのお家芸と言いますか、声色を変えられる法子さん。初共演の時、法子さんは悪い魔女の先生役だったんです。それで、兼ね役で小っちゃい女の子と男の子をやられていて、『ん? (桑島の喉には)小人が住んでるんじゃないかな』って。人が違うっていうのを目の当たりにして、しかも収録の一連の流れでやるので凄い衝撃を受けました」

アニメマシテ #95.m2ts_001102121

 

 

スタジオゲスト2人目は、2ndアルバム「PILE」を発売したPile。
アニメマシテ #95.m2ts_001174254

伊藤「はじめまして、ですよね?」
Pile「はじめましてです」
伊藤「でも私、一方的に見てました。紅白見てました」

アニメマシテ #95.m2ts_001186524

Pile「ありがとうございます」
小見川「お疲れ様でした」
伊藤「緊張とかされました?」
Pile「全然しなかったです。現場自体がすごくお祭りみたいなので、あと色んなアーティストさんの後ろで踊らせて頂いたりだとか、他に歌を歌ったりもするので緊張してる暇がないくらい展開があったりして、すごく楽しかったです」

 

「アルバムタイトルに込めた想い」

伊藤「2ndアルバムでご自身の名前の『PILE』を付けた理由とかってあるんですか?」

アニメマシテ #95.m2ts_001217429

Pile「セルフタイトルって1回しか使えないって聞いたんですけど、ソロの活動がメインになってくる1年のスタートを切るという意味で付けさせて頂きました。これから頑張りますっていうアルバムになってます(笑)」
小見川「前向きなタイトルなんですね」

アニメマシテ #95.m2ts_001232116

 

「♪一歩先へ」

Pile「実は2015年に『Pinky Parade』っていうツアーをソロでさせて頂いたんですけど、そのツアーで披露していた曲なんですね。なので、リリースとかもしてなくて」

アニメマシテ #95.m2ts_001261297

伊藤「先にライブで歌って、それからアルバムに入ったという?」
Pile「そうなんです」

 

「♪P.S.ありがとう…」

Pile「こうやってソロ活動が出来るようになったのって、メンバーと一緒に活動していた期間があって、それを応援して下さってる方たちがいたから出来たことなので、いつもその感謝の気持ちをライブの時に伝えさせて頂いてるんですけど、それを今回曲にしました」
小見川「凄い優しい曲でしたね」
Pile「世界観とかを考えなくていい曲というか、自分自身とみなさんの曲なので、もしかしたら収録曲の中で一番素の自分として歌わせて頂いた曲です」

アニメマシテ #95.m2ts_001285019

 

「初回限定版Aの映像特典」

伊藤「ディファ有明で開催されたライブの模様を収録(Blu-ray Disc)しているということで」
Pile「先ほどお話にも出させて頂いたPiky Paradeっていうソロツアーの日本での最終公演日の映像をおさめさせて頂いていて、ライブ映像として出すことはこの特典以外ではないので、是非ツアーをやる時の予習として見て頂いたらいいなと思います」

アニメマシテ #95.m2ts_001347662

伊藤「(会場に)来た人には嬉しいよね」
Pile「希望してくださった方だけなんですけど、実は会場に来てい頂いた人の名前がエンドロールに」
伊藤「何それ、凄い嬉しい!」

アニメマシテ #95.m2ts_001379711

 

「初回限定版Aの映像特典」

Pile「12月に行われた台湾公演の映像が収録(DVD)されてます」

アニメマシテ #95.m2ts_001392660

伊藤「なんか、密着ドキュメント?」
Pile「公演の前に街を歩いてたりだとか、台湾に着いてから帰るまでのオフショットとか」
伊藤「じゃあ、より自然体な姿が見られるということで」
Pile「はい」

 

「メッセージ」

Pile「今までの私とこれからの私を凄く楽しんで頂ける1枚になっていますので、是非是非みなさん、特典映像とあわせて楽しんで頂けたらと思います」

アニメマシテ #95.m2ts_001424924 アニメマシテ #95.m2ts_001325346

 

 

「リルリルフェアリル~妖精のドア~」のオープニングテーマを歌うApinkからのビデオメッセージ。
アニメマシテ #95.m2ts_001438800

 

 

「2週目エンドトーク」
小見川のリクエストにより、伊藤が「野球に誘う少年」という設定のスペシャルボイスに応えることになった。
アニメマシテ #95.m2ts_001642850 アニメマシテ #95.m2ts_001637494

伊藤「『おい小見川、野球やろうぜ!』」

アニメマシテ #95.m2ts_001697128

小見川「やるやる~!」

アニメマシテ #95.m2ts_001701513

伊藤「これ、ホント恥ずかしい。スッと下を見ちゃった」

アニメマシテ #95.m2ts_001716291

小見川「ありがとうございます。とても満足しました」
伊藤「ちーちゃんが一緒で良かった。楽しかった」

 

以上で番組は終了。

 

【総評】
★★★★☆
今回も盛りだくさんの内容だった。
「ハンドレッド」を紹介しにきた大久保のトークスキルは流石で、場を回しているような雰囲気があった。
おそらく、今週か来週の「あにむす」にも大久保も長谷川が出演してハンドレッドを紹介するだろう。
次回は、高橋李依と橋本ちなみがMCを務め、「Re:ゼロから始める異世界生活」から小林裕介と内山夕実がスタジオにゲスト出演するようだ。
 
 

スポンサーリンク

 

 - TV , , , , ,