白石稔x間島淳司「アニメマシテ」 NARUTO 疾風伝 イタチ真伝篇から石川英郎がゲスト出演

      2016/04/08

アニメマシテ #93.m2ts_000347602

アニメマシテ 【間島淳司x白石稔】#93

2016年3月15日(火) 3:20~3:50 (30分)
TV東京で放送 公式ページ
(番組放送後、公式ページ等で1週間限定の無料配信あり)
(クロスインタビューの未公開映像もあり)

 

【出演】
間島淳司
アニメマシテ #93.m2ts_000101045

白石稔
アニメマシテ #93.m2ts_000110354

石川英郎
アニメマシテ #93.m2ts_000313091

 

【概要】
TV東京で放送中のアニメ系情報バラエティ番組「アニメマシテ」
第93回のMCは、間島淳司と白石稔。
スタジオゲストは「NARUTO -ナルト- 疾風伝 イタチ真伝篇~光と闇~」で、うちはイタチを演じる石川英郎。
キャスティングの裏話から、声優になったきっかけまで語り尽くす。

 

【見所】
前回は、劇場版「プリパラ み~んなのあこがれ♪ レッツゴー☆プリパリ」からメインキャストのi☆Risをスタジオゲストに招いて、作品の魅力や見所を聞きだした「アニメマシテ」

 

今回も同い年の仲良しコンビ、間島淳司と白石稔がMCを務める。

 

いつもの真っ白なスタジオで番組スタート。
アニメマシテ #93.m2ts_000093046 アニメマシテ #93.m2ts_000087839

 

タイトルコール「アニメマシテ」
アニメマシテ #93.m2ts_000135543

 

 

「演じるキャラクター」

白石「普段、2人がよく演じているキャラクターについて、ということですけど」

アニメマシテ #93.m2ts_000198701

間島「キャラクターねえ……」
白石「マジ(間島)は、何でもやるよね」
間島「そうね、何でもくるね」
白石「結構、幅が広いよね」
間島「そうね。色んな役を……ちっちゃい鳥から、長身のイケメンまで」

アニメマシテ #93.m2ts_000204839

白石「僕は3枚目が多いからね」

アニメマシテ #93.m2ts_000208573

間島「あ~」
白石「しかも性格も決まってるんですよ。『主人公の友達で、女好きだけど女にモテない、馬鹿な3枚目』なの」
間島「(笑) 白石さん、集大成みたいな『白石みのる』ってキャラクターがあるじゃない」

アニメマシテ #93.m2ts_000225439

白石「『らき☆すた』の時のね。でも、その時に思ったのは、人ぞれぞれイメージがあるんだなということ。音響監督さんに『それはお前、白石じゃないよ』って言われて」

アニメマシテ #93.m2ts_000235687

間島「白石が?」
白石「そうそう(笑) 俺は自分通りにやったのに」
間島「嘘でしょ(笑)」
白石「俺の中では全開で自分だったんだけど、どうやら違ったらしくて」
間島「不思議なもんですね」

 

 

「新キャラの役作りについて」

白石「マジは自分の中でやりやすい役とかあんの?」
間島「あんまり考えないかなあ。キャラクターを考える時ってさ、『何から入る?』みたいな。台本読んで、キャラクターのイラストを貰ってる訳じゃない? 俺、一番大事にするのはキャラクターの表情集なのね」

アニメマシテ #93.m2ts_000270749

間島「まず、台詞の上限はこの顔にしようというのを考えて、キャラクターを組み立てていったりするのね。その絵に則ってやっていくから、違うキャラクターでも演じる時にそんなに差はない、という感じ」

 

 

スタジオゲスト1人目は「NARUTO -ナルト- 疾風伝 イタチ真伝篇~光と闇~」から、うちはイタチを演じる石川英郎。
アニメマシテ #93.m2ts_000308609

石川「どうもこんばんは、石川英郎です」
白石「僕、石川さんと初めて……」
石川「はい、そちら(間島)も初めて」
間島「そうです。初めましてです」
石川「初めまして」

アニメマシテ #93.m2ts_000318553

間島「よろしくお願いします」
石川「僕、パチンコとかスロットをするので、そこで基本的にみなさんの声は知っています」
間島・白石「(笑)」

アニメマシテ #93.m2ts_000328264

キャリアもそこそこあって出演作品も多い石川と間島が、この番組で初めて顔を合わせるというのは驚きだった。

 

 

「イタチ真伝篇~光と闇~」

白石「どういった内容なんでしょうか?」
石川「どういった内容なんでしょう……」

アニメマシテ #93.m2ts_000339165

白石「?」
石川「ぶっちゃけた話をしていいですか?」
間島「大丈夫ですよ」
石川「この収録の後、(アフレコに)初めて入るんです」
間島・白石「(笑)」

アニメマシテ #93.m2ts_000347602

間島「まだ、参加してらっしゃらない?」
石川「台本は頂いております」
白石「(イタチ真伝篇は)アニメだけのオリジナルストーリー?」
石川「イタチ真伝という小説が発売されて、その話に沿ったアニメオリジナルの話っていうのは聞いております」

アニメマシテ #93.m2ts_000357333

白石「なるほど」
石川「原作なんですけど、イタチの気持ちになって読んでたら、もう重くて! 可哀想で! 本当に1枚1枚ページをめくるのが辛くなってくるくらいの話なんです。アニメのオリジナルで色々ちょっと明るいところも出したりするんじゃないかと思います。わかりません。すみません」
間島「まあ、これからですからね」

 

 

「イタチ役」

白石「この役を演じて、かれこれどれくらいに?」
石川「もう10年くらいになるんじゃないですか? 一応、オーディションだったんですけども」

アニメマシテ #93.m2ts_000403922

白石「あ、そうなんですね?」
石川「別の役を受けて駄目だったんですけども、その時に僕の名前を覚えてらっしゃって、イタチという役が出てきたら『石川さんに』ということで」

 

 

「イタチ真伝篇の放送が決まったとき」

白石「どんなお気持ちでした?」
石川「まず一番最初に思ったのは、『また5歳をやらなきゃいけないの?』」
間島・白石「(笑)」
石川「カカシ外伝だったりする時に、イタチの幼少期とか出てきたりするんですよ。一言くらいだから音響監督さんも、監督さんも『もう石川さんでいきましょう』ってことでやらせて頂いたんですけど、流石にガッツリやるとね……」
間島「そうですよね」
石川「『そんな、オッサンみたいな5歳いないぞ』って思って、凄い緊張してたんですよ。それが、『女性の方が幼少期をやられます』となって、ホッとしました」
間島「しますよね、そりゃあ」

アニメマシテ #93.m2ts_000464115

 

 

「放送開始当初と今のイタチ」

石川「全く違いますね。特にイタチってキャラクターは、原作を追うごとにどういう人なのか分かってきたので、最初は監督さんに『この人なんなんですか?』って聞いたんですけど、『とりあえず悪い人でしょ』って(笑)」
間島・白石「(笑)」

アニメマシテ #93.m2ts_000487310

石川「サスケに憎しみを与えなきゃいけないキャラクターなんで、まずは悪くしよう。でも、心の中で何かがあって里を滅ぼしたっていうのがあったんで、『良い人だったんですか?』って途中で監督に聞いたら『あ~わからないですね』って」

アニメマシテ #93.m2ts_000513596

石川「そういう紆余曲折があった中で、死んだ時に初めて良い奴だって分かった」

アニメマシテ #93.m2ts_000517237

白石「穢土転生してからもう1回出てくるじゃないですか?」
石川「穢土転生した後、よく喋る!」
白石「こんなに喋る人だったのかっていうくらい」
石川「今までの言い訳を全部言ってるんじゃないかってくらい」

 

 

「ナルト疾風検定 イタチ篇」
アニメマシテ #93.m2ts_000548899

本編放送に合わせて特設サイトで開催中のナルト疾風検定(クイズ)を、スタジオにいる石川にも挑戦してもらおうというコーナーだ。
アニメマシテ #93.m2ts_000571661

 

第1問「イタチの万華鏡写輪眼の開眼のきっかけとなった人物は次のうち誰?」
アニメマシテ #93.m2ts_000599393

石川「あ~、難しい……。って言ってたら、俺いままで何してたんだって思われますよ。分かるわ! Cですよね。うちはヒスイでしょう」
白石「……正解でございます!」

アニメマシテ #93.m2ts_000617195

石川「当たり前じゃないですか」
白石「流石です」
石川「流石って言われたら、俺困るよ(笑)」

 

 

第2問「サスケの永遠の万華鏡写輪眼は次のうちどれ?」
アニメマシテ #93.m2ts_000646103

石川「多分ですけど、Bでしょう……。えっ、なんかシーンとしてるけど……」
白石「ファイナルアンサー?」
石川「じゃあ、ちゃうんや? ちょっと待って、Cは違うんですよ。Cはね、多分……あれ、Cじゃないか!?」
間島「めちゃくちゃ迷ってるじゃないですか(笑)」
石川「Cはヒスイだ、多分……あ、違うか!?」
間島・白石「(笑)」
石川「分かった、分かった、ファイナルアンサーはA!」
白石「……正解!」
石川「ああ、良かった、良かった!」

アニメマシテ #93.m2ts_000677661 アニメマシテ #93.m2ts_000682444

 

特設サイト「ナルト疾風検定」では、上記のようなクイズに挑戦でき、高得点をとれば豪華賞品を手に入れることも出来るようだ。

 

 

「石川英郎にとってイタチとは」

石川「10年という時間で役を持続させるって意味で、自分も色んなお仕事をやらせて頂いて成長していく訳じゃないですか。そこで、次出てきた時のイタチの成長と(自分が)合わせられたらいいなと思ってます」

アニメマシテ #93 石川英郎

石川「だから、振り返られると困るんですけど、とにかく役と一緒に成長していけるっていうのは嬉しいことだなあと思いますね。だから、イタチと一緒に成長していけたらいいなと思ってましたけど、亡くなりましたね……」

アニメマシテ #93.m2ts_000731222

 

 

「石川英郎 声優になったきっかけ」

石川「みなさんみたいにアニメが好きでというきっかけではなく、元々オペラ歌手を目指して音楽大学に通ってたんです」

アニメマシテ #93.m2ts_000762930

石川「その時に演技の勉強をしたくて養成所に通ったんですけど、その養成所の方に『声優ってどうだい?』っていう話を言われて、その時は声優さんというのはアニメや外画の声を当てる仕事だけかなって思ってたんですけど、『今はラジオでDJもやってる。顔も出してる。歌も歌ってる。色んな可能性がある』っていうお話を頂いて、うまく自分を表現できるんじゃないかなと思って、大学辞めちゃって」

アニメマシテ #93.m2ts_000800989

石川「いざ潜ると全然自分の知らない世界だから、すごい楽しいですよね」

 

 

「今の声優という職業について」

白石「最近、声優の活動の幅が広がってきたと思うんですけど」
石川「凄いですよね」
白石「どうですか、今ご覧になってみて」
石川「声優という職業が一般の方に知られるというのは素晴らしいことですし、逆に俺がそこに合わせていかなきゃいけないんじゃないかなって思います」

アニメマシテ #93.m2ts_000825081

石川「お芝居も、今受け入れられる芝居に変えていかなきゃいけない。時代のニーズじゃないですけど、そういう部分に自分を合わせていけたらいいなと思っています」

アニメマシテ #93.m2ts_000837412

石川「こんな真面目な話いいんですか?」
白石「全然いいですよ! こういうのみんな聞きたかったんですよ」
石川「えー、そうですかあ?」

 

 

「メッセージ」

石川「『NARUTO -ナルト- 疾風伝 イタチ真伝篇~光と闇~』現在放送中です。私もそろそろ登場するはずです(笑) お楽しみにしておいて下さい」

アニメマシテ #93.m2ts_000861364

 

 

TVアニメ「銀魂°さらば真選組篇」のエンディングテーマを担当する「Swimy」のビデオメッセージ。
アニメマシテ #93 銀魂°さらば真選組篇 エンディングテーマ Swimy

デビューシングル「あっちむいて」絶賛発売中。
アニメマシテ #93 デビューシングル あっちむいて

 

 

恒例の「クロスインタビュー」では、間島から白石にインタビュー形式で質問をしていった。
アニメマシテ #93.m2ts_001065046

 

「声優を目指したきっかけ」
魔神英雄伝ワタル

「オススメの映画」
デイズ・オブ・サンダー

「今ハマっているもの」
アニソンDJ

「自分を一言で言うと」
理屈屋

「好きな言葉」
継続は力なり

「衝撃を受けた声優」
富山敬

「声優になって良かったこと」
作る楽しみ

「恋におちたキャラクター」
愛野美奈子(美少女戦士セーラームーン)

「将来なりたい声優」
魅力的な声優

「間島淳司からの質問、今までで一番きつかった仕事は?」
パンツ一丁で雪山で正座
アニメマシテ #93.m2ts_001089099

 

いくつかの回答を詳しく掘り下げていった。

声優を目指したきっかけについて、

白石「先週、あなたがお話していた魔神英雄伝ワタルなんですけど、SFアニメが流行っていくなかで、ロボットアニメでかつ子ども向けっていくつかあったんだけど、その中でもRPG的な要素、勇者が強くなっていって魔王を倒す、みたいな意味でゲーム性が高いものというアニメでは、僕らの世代ではワタルがジャストだった」
間島「そうだねえ」
白石「ロボットにも乗るしさ」
間島「友情と愛嬌がある感じで」
白石「そうそう」
間島「リアルというよりは3頭身くらいとかね」
白石「僕も元々、声優に物凄くなりたかった訳ではなくて、最初は絵を描く方になりたかった。だから、その辺もマジと被ってる」
間島「あー、そうだね。また被ってきたね」
白石「で、絵を描いてたけど上手くならなくて、でもアニメ作る仕事に就きたいなって時に声優雑誌を見て……」
間島「それね、先週言った」
白石「(笑)」

アニメマシテ #93.m2ts_001153888

 

 

衝撃を受けた声優について、

白石「僕らの時代は『特攻野郎Aチーム』。そして、僕が最もハマったアニメ『銀河英雄伝説』のヤン・ウェンリー。そのあとに続く『ちびまる子ちゃん』の初代お爺ちゃん。声のテイストが凄く違う訳でもないのに、2枚目と3枚目の演じわけが凄すぎて」

アニメマシテ #93.m2ts_001167382

間島「俺、『逆転イッパツマン』の豪速九が好きだった」
白石「懐かしい(笑) コーヒーを飲まずに紅茶をガンガン飲んでいた時期があって、それは完全に銀英伝のヤン・ウェンリーの影響なんですけど(笑)」

アニメマシテ #93.m2ts_001195038

白石「そのくらい富山敬さんの素晴らしい演技にふれて、俺もこういうことしてみたいっていうのが声優になりたいって思いを深めた」
間島「昔の作品が色あせないっていうのもあるけど、やっぱりそれだけいいものが出来てるんだよね」
白石「そうそう。我々も負けない芝居をしたいなと思いますね」

 

 

将来なりたい声優について、

白石「この作品を作るうえで、彼に出て貰えたら役が輝くんじゃないかって思ってもらえるような」

アニメマシテ #93.m2ts_001265239

間島「確かにね。スタッフさんから候補だしに名前が出てたって聞くと嬉しいよね」

アニメマシテ #93.m2ts_001237742

 

 

スタジオゲスト2人目はTV東京のキャラクター・バナナ社員のナナナ。
アニメマシテ #93.m2ts_001312124 アニメマシテ #93.m2ts_001326714

 

3月26日(土)・27日(日)に東京ビッグサイトで開催されるイベント「AnimeJapan 2016」にTV東京もブースを出展するようで、その宣伝のため特別にやって来たようだ。
アニメマシテ #93.m2ts_001288613

 

当日はナナナがTV東京ブースをジャックし、「リアル謎解きゲーム 怪盗ナナナからの挑戦状 ~アニメの記憶を取り戻せ!~」なるイベントを行うようだ。
アニメマシテ #93.m2ts_001348109

 

 

どのような謎解きがあるか、ナナナが例題を持ってきたので試しに白石が謎解きに挑戦。
アニメマシテ #93.m2ts_001361650 アニメマシテ #93.m2ts_001417111

 

白石「分かった、アニメ!」

アニメマシテ #93.m2ts_001430818

見事、正解だった。
アニメマシテ #93.m2ts_001457695

 

 

「2週目エンディングトーク」

白石「いかがでしたか?」
間島「なかなかこうやって白石と面と向かってじっくり喋ることってないから」
白石「ないね。特に仕事ではないね」
間島「十何年の付き合いだけど、凄い新鮮な感じ」
白石「こうやって仕事してんだなって」
間島「お互いのやり方とかね」
白石「お互い司会をやることが多いから、それぞれが司会してるところって見ないでしょう。こうやって見てると、『ここはこういう風にやるんだ』みたいなのがあって新鮮でした」
間島「勉強にもなったしね。凄く良かったです」

 

最後に「愛の言葉」という設定のスペシャルボイスに間島が即興で応えることになった。

間島「どうも、アイムエンタープライズの間島淳司です」

アニメマシテ #93.m2ts_001687276

間島「好きが高じてニーハイとか履いちゃう僕だけど、こんな僕を許してくれる君たちのこと、愛してるぜ!」

アニメマシテ #93.m2ts_001693527

白石「いやあ、流石です先生」

アニメマシテ #93.m2ts_001710981

間島「辛い、辛い……」

アニメマシテ #93.m2ts_001711863

以上で番組は終了。

 

 

【総評】
★★★★☆
今回は石川と白石が声優になったきっかけや経緯、その時々の思いをたっぷりと語る回だった。
ウィキペディア等にも書かれているため知っていることも多かったが、一人喋りでなく頻繁に笑わせにきていたお陰で退屈せずに楽しめた。
クロスインタビューからも分かるように、間島と白石は好きなものから声優を志すきっかけまで同じで相性の良さを感じた。
次回は伊藤かな恵と小見川千明がMCを担当するようだ。
 
 

スポンサーリンク

 

 - TV , , ,